『世界は畳を待っている』Tatami Tomorrow

投稿日:

ショーック!!!

行きそびれた!本日でした…

I’ve missed this event….omg

第1部 「LINK OF LIFE 展を振り返る」 

今後、畳屋が生き残っていくには、女性の意見が重要だと思います。 畳とはとても遠い職種の方々の、畳に対する話が繰り広げられます。 昨年10月28日~11月3日に開催された展示会、「LIN OF LIFE エイジングは未来だ展」資生堂TA/TA/MI/RAI チームの方々と共に、 LINK 展を振り返ります。 私たち畳屋の未来にとって、とても重要なメッセージがあると思います。 そして、これからの私たちが、どうあるべきかを探っていきます。
Session1, look back LINK OF LIFE.

In the future, we think that the opinion of women is important for the Tatamiya to survive. Panelers who are very far away from tatami mats talk about that. The exhibition “LIN OF LIFE Aging is the future” held at the Shiseido TA / TA / MI / RAI team held last October 28th – November 3rd, will review the LINK exhibition. For the future of Tatami shop, we think there is a very important message. And we will explore what we should do next.

第2部「畳と生きる明日へ」 

第一線で活躍するクリエイター達が畳屋道場の活動を見つけてくれました。 力強い畳の応援団として、彼らの洗練された“表現力”で、もっと 広く世の中に受け入れられるように、畳を発信していきます。 今までの固着した”畳屋”という職業概念を創造的に破壊し、未来 の畳屋の在り方について語り合います。そして、新たな畳の歴史を つくりだしていく、より具体的な第一歩になります。

Part 2 “To Tomato with Tatami”

 Creators who are active in the front line have found activities in the Tatami Dojo. As a strong tatami cheering team, we will send out tatami to be accepted more widely in their sophisticated “expressive power”. We creatively destroy the occupation concept of “Tatamoya” that we fixed, talking about the way of the future Mutoya. And it will be a more concrete first step to create a new tatami history.

第3部「新プロジェクト発表」 

畳を未来に残していくためには、それを担う私たちが変革していか なければなりません。単純にスタイリッシュにすると言うことでは なく、“変わらないために、変わり続ける”というバランス感覚も 必要です。今までの延長上の考えでは、多くの人々に受け入れられる 畳の在り方は見つからないと思います。私たちは、その一つの解と して、コラボレーションに可能性を感じています。 第3部では、今後の具体的な活動計画をお話しします。各地域の畳屋が、 その地域で畳ファンを増やしていく活動です。畳屋という仕事の在り方を、 再定義していきます。
Part 3 “New Project Presentation” 

In order to keep Tatami in the future, we must change it. It is not to say simply to make it stylish, but also a sense of balance that “does not change, keep changing” is necessary. We think that with the extension idea so far, we can not find a way of tatami that can be accepted by many people. As a solution to that, we feel the possibility of collaboration. In Part 3, I will talk about specific concrete activity plan in the future. Tatami shops in each area are activities to increase tatami fans in the area. I will redefine the way of Mr. Tatamiya’s work.

私はフローリングよりも断然畳の上で、暮らす方が好きです。もちろん床座。遊びに来る外国人も楽しんでくれるしね、暮らしが各国で均一化するのは面白くないよ。

I like tatami mat much more than flooring, living with a lower level on the floor is settled. And foreigners pleased with the tatami room I lend with Airbnb. It is not culturally amusing for the lifestyle to be same.

コメント

ただいまコメントは受け付けていません。