20人の男たち(2/20)2年かけてストーカーした末に逆ナンしたFくん- 1

投稿日:

この話は高校の友達ならば、今でも微かな記憶の中に残っているかもしれない。

高校1年の終わりから2年程、私はストーカーをしていた。(結構マジなやつ)

女子校という環境は、相当な工夫とエネルギーを注がなくては、

異性と出会う機会、異性を好きになる機会、異性と関係を持つ機会に恵まれない。

それは、男子校に通う男子も同じだろう。

異性関係に関心が高い子たちは、積極的に着飾り、狩りに出かけ、

関心が薄い子たちは女子同士楽しく学生生活を過ごす。

この二極化、共学にいればそれは「モテるの?モテないの?」という、

格付けの決定的な判断材料となる。

一方で女子校では、格付けを判定する異性がいないがために選択の自由が与えられる。

無意味な格付けから逃れ、ヒエラルキーに組み込まれる必要がない、

これは、多感な思春期に女子校(または男子校)で過ごすメリットだ。

余談だけど、この辺の女子校話は辛酸なめ子の「女子校育ち」がおすすめ。

さて、私のストーカー話に話を戻す。

そんな環境下、少なからず狩りに出なくては出会いがなかったが、更に私は自転車通学。

放課後に定期券を使って、新宿や原宿に繰り出す同級生を尻目に、

私はたった2.5kmの自宅と学校の往復だけが許された。

高校1年生の冬頃から、放課後に通学路にある図書館の自習室で過ごすことを覚えた。

放課後、どこの繁華街に遊びに行くでもなく、とはいえすんなり自宅へ帰ることは、

思春期のささやかな反抗心が許さなかった。

(と、書いたものの、高円寺の店は私にたくさんの居場所を提供してくれた)

何を期待するでもなく、何かを楽しみにするでもなく、

ただ粛々と宿題を済ませ、本を読み、妄想をしながら小説や絵を描く。

そんな日々が続いたある日。

いつも通り自習室に向かい、いつもの席に座ろうとした途端、

1人の見慣れない男子高校生が目に入った。

ここは、地元の公共図書館。

大体は、なんの仕事をしているかわからないオジさん、

リタイアして何か趣味の調べ物に熱中するおじいさん、

料理や園芸の本を眺めながら子供と過ごす主婦。

そんな人たちばかりが通う公共図書館。

そこに、ネイビーのブレザーに、アイスグレーのパンツに赤いネクタイ(最強の組合せ)の、

それはそれは垢抜けた男子高校生が、気だるそうに勉強しているではないか。

私は今でもその瞬間を覚えている。

大体自習室の常連になると、席の定位置というものが決まってきて、

あの人がここにいるなら、私はセカンドのこの席に座るか…という

大きな居室の中の密度のバランスを取りながら、常連同士、暗黙のテリトリーが出来上がる。

彼は、新参者。

そのバランスを見事に壊し、私の定位置に何食わぬ顔で座っているわけだ。

私は定位置を取られた現実と、それ以上にその独特な存在感に思わず立ち竦んだ。

(この人…かっこいい…)

セカンドの席に足が向かず、しばらく硬直した私に気づいた彼は、

ゆっくりとその気だるそうな姿勢を起こし、私の顔を見て、

ゆっくりとまた自分のノートに視線を戻した。

これが、私と彼の出会いだ。

ここから約2年、私から彼に声をかけるまで、

どこからそんな知恵が出てくるのか自分でも謎なくらい、

巧妙で、かなりダサい私のストーカー生活が始まった。

続き→2年間ストーカーした末に逆ナンしたFくん-2