20人の男たち(6/20)君がよぎって自殺を辞めたと言ったNくん

投稿日:

ちょっと、初っ端から話がそれるのだけど、

異性間での友情は成立するか否かという問いかけから始めたい。

私としてはアリだけど、人によってはナシだろう。

これは、個々人の性的嗜好が大いに影響していると思っている。

私は基本的に性欲が高くないので、

異性を見てまず先に動物的に興奮する事がそんなにない。

動物的にと表現したのは、

私は人が異性を好きになる要素には2種類あると思っていて、

1つが社会的要素、1つが動物的要素と分けている。

社会的要素は、例えば優しいとか話が面白いとかお金持ちとか、

人間の社会の中で魅力的に映る要素。

動物的要素は、見た目が好みとか匂いが好きとか体の相性とか、

生殖本能が反応して理屈と別次元で惹かれる要素。

私はパートナー選びはこの2つのバランスをどうとるか妥協するかだと思っている。

人によって優先順位が違うはずなので、自分がどちらを大切にしたいかは、

きちんと把握しておいた方が良いと思う。

このように整理すると、

私の周りで異性の友達がいないと語る女友達は大抵性欲が強い。

要するに、異性の第一印象の時点で

「この人は性的対象か否か」から入っている。

私の場合、性的対象か否かは後の議論なので

「この人一緒に居て面白いか否か」から入る。

要するに、人として興味が湧かない限り、その後の興味も湧かないということ。

こうした、人付き合いの入り口が違うことで、

その後の関係性も変わってくると思う。

私のこの性質は相手も同じタイプの場合はとっても楽。

別れても普通に友達を続けてたりする。

(この話をすると大体、とはいえ相手はそう思ってないよ!と言われるけど、

それはあなたが前者タイプだからだよと言いたい。)

一方で、相性が違うタイプだと、私がさも悪い女かのように映る。


で、本題の彼だが、私のこうした特性を理解してくれている貴重な友人だ。

今では25年目の仲になるが、大学生の頃、久し振りに会おうという話になって

吉祥寺の居酒屋で飲んでいた時のことだ。

彼は、専門学校を卒業後、あるモノづくりの職人として働いていた。

物を作ったり、直したりと、ひたすらモノと向き合う仕事。

接客する事もあるが本当に稀で、

全く人と話さずに過ごす日が何日も続くことがあるようだった。

職場は地元を離れた地方都市で、

初めての仕事、初めての1人暮らしということもあって、

始めの一年ばかしはとても精神的にしんどかったらしい。

職人という仕事柄、お客が付くまでに時間もかかり、

経済的不安も大きかった事だろうと思う。

そんなこともあって、彼は精神的に追い詰められて自殺未遂までしたらしい。

私は、「自殺なんてするもんじゃない、思い留まってくれてよかった」と返した。

しかし、彼からの返事は意外なものだった。

「その時は、精神が正常ではなくなっていて、気づいたら自殺を試みていた。

けれど、さて後一歩という瞬間に、僕の中に本能的に眠っている

生きることへの執着が止めどなく溢れてきて、

それまで全く感じなかった死への恐れが全身を覆った。

正常に返った僕は、死ねなかった。

思い留まっただなんて美しいもんじゃ無い、ただ怖かっただけだ。

けれどその時に、君が過ったよね。

たぶん今死んだら君に顔向けできないと思って、

もう少し生きてみようと思った。」

「自殺はよくない!自殺防止!こういう意見をよく聞くけれど、

一度その間際まで近づいた身としては、

こうしたスローガンに共感できない。

人は、そう簡単に死ねないことを身をもって感じた。

だとすると、その一線を超えてしまった自殺者達は、

本能の抑止力が効かないほど、

今この瞬間に苦しんでいるってことなんだよね。

第三者が、一瞬正しいと思える美辞麗句を並べることは簡単だ。

だけれど、僕はその一線を超え人たちに、

お疲れさまと、言ってあげたい。」


こうした、倫理的な話に正解は無いけれど、

この話を聞いて感じたのは、当事者でしかわからない世界があって、

それを理解していない発言や行動は安易にするもんじゃないなと思った。

場合によっては、より深く相手を傷つける。

ちょっと話がそれるが…そんな事もあってか私は、

大麻について理解していない人が大麻の取締りを行なったり、


*この、麻薬と大麻の誤解と偏見ついてもいつか書きたい。

ちょうどよく記事が出たので追記します。

19年3月20日追記 →朝日新聞デジタル 大麻のてんかん新薬 国内臨床実験

大麻に含まれる成分の中には嗜好品として依存度の高いもの(THC)と、

依存性が低く医療用活用が見込めるもの(CBG他)と併存しており、

上記記事のタイトルに「米では既に承認」とあるのは5つの州を除いた州

アメリカがさも先進のように書かれているけどむしろ後進。

栽培先進国は、欧州はイギリス、ドイツ、フランス、オランダなどなど、

韓国やオーストラリアもそうだ。

出所: 麻の総合利用センター


やんちゃした事がない人が教師になる事にとても抵抗がある…。

これを友人に話したら、

「じゃぁ殺人した事がある人しか殺人犯を取締ってはだめなの?」

と言われて反論出来なかったが笑

ただ、当事者出ない人の共感を得る事はとても大切で、

ことソーシャルアクションやムーブメントを起こす時には有効だ。

ただし、とても危険な手法なので、

誰(どの当事者)が仕掛けていることか冷静な判断が必要だと思う。

(最近だとポリティカル・コレクトネスの発言が苦手…)

最近連絡していないけど、彼は元気にやってるのだろうか。

ちょっと連絡してみようかな。

(おわり)

20人の男たち 目次はこちら