副業を考える 知識編(4/9)MLMとねずみ講の違い

投稿日:

「人から人を介して勧誘し、勧誘した人に一定の配当がある」

という面で両者は共通しています。


経営コンサルの端くれ者の私が、

MLMを副業にすることについて真剣に考えてみた連載です。

副業を考える(目次)


ただし、ねずみ講に関しては、

・費用を支払うが、対価として受け取る商品がない

・収入範囲が無限で先行者利益が発生する

といった面でMLMとは異なります。

どうやって成立しているかよくわからないですよね・・

要するに「成立していない仕組みで儲け話に誘う詐欺」ということです。

ちょっと順を追って書いてみると、

①徴収するお金は会員費、入会費といった名目で徴収され、

②更なる加入者を紹介すれば、配当が得られると期待して加入するが、

③配当の徴収範囲が無限なため、上層部にばかり配当金がたまり、

④実際は、理論値通り加入者が連鎖しないため、配当金は得られず、

⑤会費を集めた事務局はトンズラ、最後は崩壊

ということです。

有名な事例は、1980年の「天下一家の会事件」です。

「第一相互経済研究所」が主催した会員組織で、

加入規模は112万人で、回収された金額は1,900億円だったそうです。

詳しい仕組みがwikipediaに載っているのでこちらご参考・・

(続く)副業を考える 知識編(5/9) MLMの仕組みとは

副業を考える(目次)