20人の男たち(12/20)魔が差して大阪までお見合いしに行ったSくん-3

投稿日:

翌月になって、エージェントからのオススメ人材のプロフィールと、

私がオファーした人とのお見合い成立の知らせが届いた。

前回→魔が差して大阪までお見合いしに行ったSくん-2

よくよく考えずにオファーしてしまったのだが、

彼の拠点は京都、私からオファーした手前、京都まで馳せ参じる必要が出てきた。

あちゃー、余計なコストや…と思いながらも、

人生初お見合いは楽しみだった。

しかしながら、日程調整したものの、

彼がなかなか忙しいという事で、リスケにリスケが重なって、

会うまでに2ヶ月ほどの時間を要した。

結論から言ってしまって申し訳ないのだが、

ちょうど彼とお見合いする直前に、

ひょんなご縁があり、別の男性との出会いがあった。

とはいえ、オファーは成約しているので、

半ば、期待半分、興味半分という気持ちで京都に向かった。

お見合いをしたのは、

エージェントに指定された大阪のホテルのラウンジだ。

場所と予約名だけ指定され、ノコノコと向かった。

補足だが、

こうした、エージェントが介すサービスの付加価値は、

守秘義務や信用担保といった安全性だ。

例えば、消費者間取引の大御所メルカリは、

ヤフオクと違って匿名配達や、支払い仲介、損害補償を通じて、

個人間取引のリスクを肩代わりしているため、手数料を得ている。

こうしたお見合いにおいても、

例えばお見合いをしている事を知られたくない人(組織の役職者とか)もいるため、

プロフィールは個人情報が特定されない曖昧な表記がなされているし、

そもそもお見合い後、双方が関係を進展させる意思表示があるまで、

個別での連絡先交換は禁止されている。

(ストーカーとかもあり得るし。)

先ほど述べたように、独身証明書や源泉徴収票の提出による、

個人申告の裏どりによる信頼性もあることながら、

言いづらいお断りを代行してくれる手間暇といった事も、

彼らの仲介を挟む付加価値だと思って良い。

(まー、今時はお見合いアプリでも

各証明の画像データの提出義務があったりするけどね。)

またまた話が逸れたが、

私はホテルのラウンジに到着した。

(おー、他にもお見合い中の人達がいるいる。

ここはこの会のお見合い会場として提携してるんだな…)

なんて、仕事目線でキョロキョロしながら私は席で待った。

「こんにちは、Xさんですか?」

現れたのは、写真の通り、自由に生きていて健康そうな男性。

43歳にはとても見えない。

はー、やっぱり自分の人生をコントロール出来てる人って、

こんな感じだよな~と思ったことを覚えている。

彼は、京都に飲食店を2店構えており、

ようやくお店が人に任せられる程に軌道に乗ってきたので、

自分は現場を離れ、兼ねてより続けていた器の作家として

本格的に活動を開始しようと思っているらしい。

これまでは、お店の事などで精一杯、仕事を通じた出会いにもあまり恵まれず、

好きな事をしていたらこんな歳になっちゃいました、と笑っていた。

めっちゃえぇ人生生きてるやーん!!!と思い、

なんだか途中からOB訪問的な感じで、

仕事観をインタビューしまくった。

あちらからしたら、こんな若い子がなぜこの場に?という事が

不思議だったようで、そんな裏話を交えながらお話しした。

結局、私は正直に今の話をした。

リスケが続いている間に良い出会いがあった事、

お見合いは向いてないと気づき退会しようと思っている事。

そうすると、実は彼も登録してみて同じ所感だったようで、

こう言っちゃ失礼だがオファーが来たのでokしてみた、という事だった。

帰り際、彼は駅まで送ってくれたのだが、

なんと交通費を半額包んで渡してくれた。

「どうしよう悩んだのですが、

とても楽しかったので気持ち程度ですが…」

さすが!紳士!私見る目あるなやっぱり、と思ったのを覚えている。

(撒き餌をバラ撒かず、様子見してから出す感じ。)

結局、一本釣りキャンペーンで概ねこの会に登録している

男性のプロフィールを把握してしまったこと、

私にとって「私が面白いと感じる人がどうか」が重要だという事がわかり、

最大公約数向けにお化粧された情報をアテにしては、

肩書きは良くても私が我慢ならない男性ばかりということがよくわかったので、

退会することにした。

本当は、この時にもっと、

「親の望むような人は私と合わない」と強烈に学習しておけば、

1回目の結婚も違った選択になっていただろうが、

まだまだ私の認識は甘かったのだった。

(=自分のズレ具合を的確に把握しきれていなかった。)


(追記)

このブログ、広告が出てしまうのだが、

ここに「お見合い」と書きまくっているからか、

たまに私が利用した、例のお見合い会社の広告が出る!笑

うっかりクリックしないように…否、行動に移したい人は、

ぜひお試しあれ!笑

(おわり)

20人の男たち(目次)