まんまと買ってしまった高級食パン

投稿日:

絶対買うもんかと思っていたパン屋「うん間違いないっ!

店舗工事中から、あまりのダサさに近所迷惑、もっと言うと公然猥褻罪でもいいくらい目障りな店だと思っていた。

すぐに潰れるかと思いきやしぶとく生き残っている。

たまたま焼き上がりの時間に前を通ったので、買ってみた。

感想は…まぁ割愛する。好みなので。

普通に美味しい食パンです。

1斤865円、肉厚にカットして食べたとしたら1ピース200円、そう思うとそんなに高くないが、2013年(乃が美、セブンの金のパン販売)から続くこの食パンブームはいったいなんなんだろう…と思うが、今やそれだけ食卓ではパンが主流なんだろうな。

プロデューサーは4日前のガイアの夜明け で特集されていた岸本さん。

「謎めかしてなんだろうと思わせれば…」って、まぁその通りだけども。

食パンは製造工程がシンプルで場所も取らず、単一メニューだと生産量も調整しやすいからお商売として効率的なんだろうな。

加えて、美味しい食パンのレシピの基本が岸本さんにあるからそれを横展開して、プレーンと依頼毎に味付きメニュー開発…か。

私は、ストーリーも何もなくて、風情がないなぁと思ってしまうが、場所を持て余したオーナーや外食産業の社長が、蓋然性の高い収益源として始めるには悪くないモデルなんだろうな。

結局、お商売は儲かってなんぼ。

けど、買い物は投票。

もう二度と買わないと思ったのでした。

(おわり)