ノニベビーを産んでみて -1 (産後2ヶ月)

投稿日:

出産前、ちょうどつわりが落ち着きかけた妊娠4ヶ月目から、知人に薦められてモリンダのノニジュースを飲んでいる。

9月でちょうど半年だ。

※1〜2月は1本/月、3〜8月は4本/月

愛飲家の方々に「産前からノニジュースが飲めて幸せね」「賢い親の選択」と言われるので、妊娠・出産に於いてどのような作用があったか、諸々個人の体感を記録する。

※これは、個人の経験に基づく体感であり、全ての人に該当する事ではありません。

私の結論としては「添加物や化学調味料漬けの食品(遅効性の毒物)の出費を削って、こどものためにコレ飲んでおけ」という感じ。なんなら、妊活中から飲みたかった。

無駄な外食(生産性の無い飲み会とか)を控える、要らん食材(調味料とか加工品)をアレコレと買わない、ふとした瞬間のコーヒー一杯を控える…など幾ばくかの習慣の見直しで直ぐに捻出できる額だと思う。(もっと言えば、課金しなければ運動しないようなジムの費用すら無駄だ。)

「とはいえジュースに月3万の出費は馬鹿げてる」と思うかもしれないが、これはアメリカの薬辞典PDRPhysicians’ Desk Reference)に掲載されているガチもん商品だ。

しかも、薬と違って非精製、ジュースと違って濃縮還元ナシ・添加物ゼロ、ただノニをピューレにしただけなのに薬事典に載る不思議。古来から良いとされて現代に残っている食物には、それだけの作用があるという事だ。

これを飲むことについて、基本的に簡単に手に入る身の回りの食べ物こそ毒物だと思っている私にとって、長期的な予防医療としてのメリットしかない。

前提として、私の食事についての簡単なルールは以下。

1. 食材の基本構成は【野菜>魚>肉】旬ものを食べる

2. 野菜は無農薬(&無肥料)

3. 肉は鶏肉のささみなど赤身中心、加工肉は控える(ハムとか)

4. 調味料は【EVオリーブオイル、ごま油、本醤油、天然塩、味噌、テン菜糖、生蜂蜜】が基本で本物を使う

5. それ以外の味付けは、ハーブや薬味を使う

6. 調理法は、【生食か低温調理】が基本で【蒸す>煮る>茹でる>焼く<揚げる】

7. 電子レンジは使わずに蒸す

8.外食は人とのコミュニケーションなので、制限なし!!!

ちなみに運動はほぼしていない。

基本的なノニの作用は以下(出典PDR)

  • 免疫システムを補助
  • 健康な心血管系を補助
  • エネルギーと持久力を高める
  • 体重管理を支援
  • ノニはイリドイドの主要な供給源
  • 先行糖化最終産物(AGE)の形成を阻止
  • 関節の健康を維持し、関節の機能を促進
  • 有害なフリーラジカルと戦う
  • 酸化的損傷からDNAを保護
  • 優れた抗酸化作用により、循環系、組織、細の保護
  • 全体的な健康促進
  • 全身を強化し中庸に整える
  • 優れたアダプトゲン(←トラウマ・不安などストレスへの対抗を高める)
  • 体のいくつかのシステムをサポート (←抽象度高いw)
  • 細胞、組織、臓器に栄養を与え老化による疾患の予防
  • 正常な血糖代謝を補助
  • 中枢神経系の健康を維持する
  • 情緒安定に効果がある
  • 既存の正常レベルでコレステロールを維持
  • 体の活力を強化、回復
  • 物理的なパフォーマンスレベルを向上させる
  • 身体の自然な防御をサポート
  • 肉体的な運動に伴う不快感の緩和


これら作用と、愛飲家から言われたことの結果として、体感は…

腸内環境が整う

結果→翌日から快便。毎日出るペースに。妊娠中は便秘になりがちですが、全く便秘になりませんでした。

血圧が安定する

結果→出産前後一貫して正常値(下45~上80←低w)妊婦に起きやすい妊娠高血圧症候群なし。体の浮腫みも産前産後通じてなし。

鎮痛作用がある(産後の肥立が良い)

結果→妊娠中は腰痛等なし(陣痛は痛かったよ笑)。さすがに産後1週間は会陰切開の傷跡が痛かったですが、退院した2週目はほとんど辛さを感じるような痛みもなく。

里帰り出産ではなかったので、退院初日から全ての家事。なんなら、入院中に発生した私の知らない汚れ(お風呂のカビやらトイレやら…)の大掃除に始まり、病院食に解放された喜びでオーブン料理するくらい元気でした。

健康な赤ちゃんが産まれる

結果→先天性疾患、奇形等の問題なし。

※知人は、ダウン症の検査が陽性だったのに出産までガブ飲みしたら健常児だったとのこと。

胎盤とへその緒が綺麗になる

結果→分娩を担当した先生に血だらけの手で「とても健康的な胎盤ね〜」と褒められる。

栄養充分

結果→お腹で3,700gまで成長、出てきた時からシッカリ。街中でも「かわいい」と言ってもらえず「シッカリしたあかちゃんね!」と言われる。

髪が生える

結果→産まれた時からフサフサ。マジでフッサフサ。

情緒が穏やかになる

結果→夜泣き、グズリ、泣き叫ぶ事はほとんど無く、落ち着いた泣き声で要望を伝えてくる。街中でも「穏やかな子ね」と言われる。

腸内環境の調整

結果→乳幼児は便秘しやすいらしいですが、便秘知らず。ウンチは朝晩で5回程/日で代謝が良いので体重の推移は50g/日。

妊娠・出産は個人の体質によって状況が大きく異なるので、これらも「ノニのおかげか、あなたの元々の体質かわからないよね」と言われればそれまでですが、そもそもノニが健康的な体質を作るとするならば、これが答えかなと。

もちろん、飲んでいない場合と比較検証はできませんが。(予防医療は結果論だから難しいですよね。)


こどもに飲ませるのは3ヶ月目から始めたいと思います。

こう書くと、よく知りもしない人は難色を示すかもしれませんが、私に言わせれば「けど母乳の代わりに粉ミルクは飲ませて良いんだwwwww」と草が生えまくる感じ。

これらは人それぞれの価値観なのでup to youという感じですが、ケミカルとオーガニック、どちらが健康的かは疑心暗鬼して考えなくても賢い人ならわかるでことでしょう。

ちなみに、欧州連合にはノベルフード認定という食品や食材の安全性の認定があり、このジュースはその認定をうけている

3ヶ月目の理由は、母体から得られる免疫力が低下し始めるので、こども自身の免疫力を上げる補助食品の位置付けにするため。

飲む量は1日2mlから開始、希釈するかどうかはこどもの様子を見て判断。

すくすくと、健康に育っておくれ。

(つづく)ノニベビーを産んでみて -2(生後2ヶ月半月)

(余談)

ノニを知って以来、古来から生薬として使われてきた食物に興味が湧いて。ミャンマーの畑である植物の栽培を計画し始めるまでになりました笑

凝り性って怖いわ。