20人の男たち番外編 〜騙されたい欲求のCくん

投稿日:

20人の男たちシリーズを更新。

久しぶりにパンチの効いたM男ホイホイを発揮してしまった。

以前の投稿で、私がネットワークビジネスを始めた事は書いた。

1年間活動をしてみて、もうめちゃくちゃ面白いので、それについてはまたの機会に棚卸しをするとして、その活動を通じて出会った男性の話だ。


先日、久しぶりにMくんから連絡がきた。

「僕に仕事を振ってください!」

たまに彼に、マーケティングやリサーチを頼むことがある。

(久しぶり~!そうだねぇ、モリンダ専用のtwitterアカウントがあるんだけど、ネット集客を効果的に行う方法を考えて!)

「ネット集客のコツはファンづくりです!!!周りにドMの奴隷男子を集めて、買わせるのが最も効果的かと思われます!」

(ちょっと、本気で考えてよ!)

「えー、M男にモテそうじゃないですか。」

(話にならん…)と既読スルーをしたその夜、私のtwitterにダイレクトメッセージが届いた。

「ネットワークビジネスで扱っている商材がかなり素晴らしいと聞いたので、試してみたいのです。話を聞けますか。」

(フォロワーさんでもなければ、tweetも無い…登録は2020年2月……ちょっと怪しいアカウントだけど、返事をしてみるか。)

「ネットワークビジネスの商品は、お店で買える商品よりもいろんな面で高品質だと聞きました。1年前ぐらいに紹介を受けたのですがその時は興味が湧かず。最近になって調べたところ、紹介された人だけが買えるようなので、連絡してみたのです。。。」

(そうだったんですね!もちろん買うだけでも構いませんよ。一応、キャッシュバックの仕組みがあるのでご説明差し上げますね。テキストだと伝わりづらいので、もしXさんが宜しければオンライン通話でいかがですか?)

「わかりました、LINEを教えますね。ちなみに。。。結構、強制感が強い女性だったりしますか?あれ買いなさいとか。。。」

(強制感ですか???ネットワークゴリゴリやれ的な話ですか?私は来るもの拒まず去る者追わずスタンスでやってます。ご本人にヤル気が無いのに誘ってもうまくいきませんからね。)

ここまでのコミュニケーションは至って普通だった。なんなら、SNSで知らないアカウントに話を聞くなんて、てっきりこちらが警戒されているのだと思っていた。が、次の返事で私は飲んでいたお茶を吹いた。

「正直。。。私は優柔不断なので、かなり強制感が強い女性に憧れているのです。。。。」

(や、やべぇの引いたか…私、そんなにオラオラ感出してないよこのアカウント!!!)と挙動不審になりながら、落ち着いて返事をした。

(私の周りはM男多いですが、私は至って普通です!!!)

「周りに多い。。。という事は、強制感強くもできるのでしょうか。。。」

(し、しまった!余計なこと言ったぞ、私!)

「ネットワークは、お金にしたいとは思っていませんよ。逆にそういうところにお金を費やしたいと思っているのです。。。ちなみに、他のネットワーカーさんをご紹介頂く事も可能なのですか?」

「私は、いろんな人から紹介を受けたいのが本音なのです。。。ネットワークビジネスの商品をいろいろ買いたいのです。」

ここまで読んで、私はふと思った。この人…貢ぎたいのか?

(ネットワークにお金を注ぎ込みたい…というより、ゴリゴリした女性のネットワーカーに貢ぎたい…みたいな心理を感じたんですけど、いかがでしょう?)

「すごいですね!!本音はそうです。。。引きますよね。。。。」

(いや別に。在りたい姿は人それぞれですからね。)

ここでふと私は疑問に思った。

(にしても、なぜネットワークなんですか?S女性に注ぎ込む手段はたくさんありますよね。)

「こんなこと言うのは失礼かもしれませんが。。。。ネットワークビジネスみたいなので言うと。。。結構騙されたとか訴えとかあるじゃないですか。そういう体験を見てると。されたいって思ってしまっている自分がいるのです。。。。」

騙されたい?!また斜め上の回答がきた。

(騙されたいんだったら声かける相手間違ったかもwww私の会社はだいぶ健全で商材も良いので、騙しようがない!私はあなたに興味を持ってしまったので、とりあえず今夜LINE通話しましょう!あなたの願望が叶うかどうか、私も考えたいので!)

そうして私は彼とLINE通話をした。

面識のない彼は、至って(自己肯定感が低く)真面目な印象を受ける男性だった。

(つづく)